お知らせ

○令和6年7月3日(水)認定電気工事従事者認定講習のお知らせ

○令和6年7月3日(水)認定電気工事従事者認定講習のお知らせ

第二種電気工事士または電気工事主任技術者の資格を持っている方が、
さらに「認定電気工事従事者認定証」を取得すると、自家用電気工作物
(最大500kW未満の需要設備)の600V以下の電気工事自家用電気
工作物のうち、電圧600V以下で使用する電気工作物の工事(簡易工事)
を行うことができます。

第二種電気工事士または電気工事主任技術者の資格を持っている方が、
さらに「認定電気工事従事者認定証」を取得すると、自家用電気工作物
(最大500kW未満の需要設備)の600V以下の電気工事自家用電気
工作物iのうち、電圧600V以下で使用する電気工作物の工事(簡易工事)
を行うことができます。

○2024年5月15日(水)、第一種電気工事士定期講習のお知らせ
 2024年8月2日(金)、第一種電気工事士定期講習のお知らせ

○2024年5月15日(水)、第一種電気工事士定期講習のお知らせ
 2024年8月2日(金)、第一種電気工事士定期講習のお知らせ

第一種電気工事士の方は、電気工事士法の規定により、
第一種電気工事士免状(以下「免状」という。)の交付を受けた日または前回に定期講習を受けた日から
5年以内ごとに指定を受けた講習機関が実施する定期講習を受けることが義務づけられています。

第一種電気工事士の方は電気工事士法の規定により
第一種電気工事士免状(以下「免状」という。)の
交付を受けた日または前回に定期講習を

受けた日から5年以内ごとに指定を受けた
講習機関が実施する定期講習を受けることが
義務づけられています。

定期講習の日程・申し込みについて

定期講習の日程・申し込みについて

一般財団法人電気工事技術講習センターの講習日程を
確認し申し込みを行ってください。

一般財団法人電気工事技術講習
センターの講習日程を確認し
申し込みを行ってください。

○第一種電気工事士定期講習が建築・施工管理CPD制度の認定プログラムとして承認されました

○第一種電気工事士定期講習が建築・施工管理CPD制度の認定プログラムとして承認されました

○電気工事士免状がプラスチックカードでの交付になりました

○電気工事士免状がプラスチックカードでの交付になりました

第一種および第二種電気工事士免状(再交付・書換え含む)がプラスチックカードでの交付になりました。

○最大補助額450万円、インボイス対応に向けた補助金のお知らせ(組合員の方)

○最大補助額450万円、インボイス対応に向けた補助金のお知らせ(組合員の方)

経済産業省が行なっている「IT導入補助金」を使って、ITツールの導入を進めませんか?
IT導入補助金を使うと以下のようなメリットがあります。

経済産業省が行なっている「IT導入補助金」を
使って、ITツールの導入を進めませんか?
IT導入補助金を使うと
以下のようなメリットがあります。

  • コストをおさえて、業務の効率化やDXの推進に活用できるITツール等の導入を進められる
  • インボイス対応に活用可能!安価なITツールの導入でも利用できます
  • 補助額は最大450万円、補助率は1/2~3/4
  • コストをおさえて、業務の効率化やDXの推進に活用できるITツール等の導入を進められる
  • インボイス対応に活用可能!安価なITツールの導入でも利用できます
  • 補助額は最大450万円、補助率は1/2~3/4

お問い合わせは高知県電気工事業工業組合までご連絡ください。
TEL:088-832-7822